学生主催シンポジウム

3rd Predoctoral Symposium for Front-Line Scientists
第3回学生主催シンポジウム

第3回学生主催シンポジウム 学生オーガナイザー
小野里 太智(名古屋市立大学大学院 薬学研究科)
徳永 彩子(長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科)
宮崎 歌織(東京薬科大学大学院 薬学研究科)

第3回学生主催シンポジウム 開催趣意書

募集内容と採択までの流れ

応募資格

日本薬物動態学会の会員で、博士号取得前の学部生・大学院生および博士号取得前の企業研究者

  • 企業研究者の方は30歳までの方を対象とさせて頂きます。

テーマ

次世代医療の未来を担う薬物動態研究

発表時間

《学部生》発表10分+質疑応答3分
《博士号取得前の院生・企業》発表16分+質疑応答4分

発表方法

一般演題の方法に則ります。(口頭発表)

発表言語

日本語

討論言語

日本語

募集期間 募集を終了いたしました。

指定のフォーマットを使用し、4月17日(月)〜6月19日(月) 7月18日(火)(23:59〆切) までにメールにて長崎大学大学院 徳永 (bb55316403@ms.nagasaki-u.ac.jp)に送付してください(送信できない場合には、名古屋市立大学大学院 小野里(zatto0515@gmail.com)に送付してください)。

選考期間と採択可否の通知:募集期間終了後、2週間以内に応募者全員に通知させて頂きます。

第3回学生主催シンポジウム 指定フォーマット

採択者数

学部生枠は薬物動態にかかわる分野から1枠程度、博士号取得前の院生・企業枠は分布、代謝、排泄より各分野1枠程度(吸収、毒性については採択済み)を募集しております。

注意事項

演題の選考は一般演題の募集期間終了(7月31日)前には完了しますので、選考に漏れた場合は一般演題への応募をお願い致します。また、採択された演者の方には後日、年会ホームページにて英語による要旨の提出をお願い致します。なお、採択された場合には、年会参加費とミキサー参加費が無料(学部生は元々年会参加費が無料であるため、ミキサー参加費のみ無料)となります。